《注意》妊娠中・授乳中の脱毛※失敗しない脱毛サロン選び

《注意》妊娠中・授乳中の脱毛※失敗しない脱毛サロン選び

妊娠中や授乳中に場合、脱毛サロンで施術を受けるのは避けておく必要があります。

 

まず妊娠中や授乳中の場合、通常とは違い、ホルモンのバランスも大きく変化しています。
ホルモンのバランスが変化した場合、肌もちょっとした刺激に反応しやすくなり、健康なお肌の方も肌が荒れてしまったり、炎症が起こりやすくなってしまうのです。
一般的な化粧品を使用した場合でも、このような変化は起こりやすくなってきますので、より慎重さが必要となる脱毛は避けておいたほうがよいのです。

 

さらに、妊娠中の場合、脱毛することで精神的なストレスも感じやすくなってきます。
初めて脱毛される方の場合、脱毛する時、肌に異常が起こらないかと何かと不安を感じてしまいます。
脱毛サロンで行われている脱毛法は、体に害のないフラッシュ式になるのですが、初めて脱毛する場合には、肌に痛みを感じないか、炎症が起こらないかという不安も感じてしまいます。
このような不安を感じてしまうと余計なストレスがかかり、母体だけでなくお腹の赤ちゃんにも影響を与える可能性があるのです。

 

現状では、妊娠中であっても脱毛がお腹の赤ちゃんに害を与えたという報告はないのですが、万が一のことを考えたうえでも、妊娠中や授乳中の脱毛は控えておいたほうがよいでしょう。

【部位別】脱毛ランキング




ワキ脱毛ならミュゼ!初めての脱毛でも安心♪

無料カウンセリングはこちら


とにかく安さが売りのエピレ♪エステで有名なTBCグループです。

無料カウンセリングはこちら

オープンしたばかり♪「予約が絶対とれるサロン」

無料カウンセリングはこちら